神の無限の図書館・アカシックレコードアクセス方法【都市伝説】

都市伝説

これまでの都市伝説関連の記事で(ダークウェブ)(マリアナウェブ)という通常では辿り着くことができない情報源を紹介してきましたが

今回、紹介するのは今までとは規格外の究極の情報源アカシックレコードについてです。

 

ダークウェブやマリアナウェブも一緒に読みたい方はこちらもどうぞ。

 

皆さんも今まで生きてきて一度は考えたことがあると思います。

自分は何のために生まれて来たのか

死んだあとはどこに行くのか

何故この人と巡り会ったのか

そして宇宙はどうして誕生したのか

宇宙はどんな仕組みで存在するのか

都市伝説界隈ではその答えがすべてアカシックレコードにあると言われています。

 

アカシックレコードとは

宇宙誕生以来のすべての存在において、あらゆる情報が記録されているという世界記憶の記録層です。

そこには、過去、現在、未来のありとあらゆる出来ごとの痕跡や宇宙のすべての記録や人間の感情や思念が永久に刻まれているといわれています。

皆さんが死んでからは死後の世界に行ってそこからエネルギーの源である場所に戻るみたいなんですけど、その人の記録は全生命体に繋がっているアカシックレコードに

そこからまた生まれ変わります。

例えば歴史上の偉人やイエス・キリストの全てが知りたければアカシックレコードにアクセスすれば誰でもその情報を得ることができるんです。

なのでこんな風にもよばれています。

『神の無限の図書館』

凄いですよね。

皆さんが隠してる秘密

アカシックレコードにアクセスしたらまるわかりですw

まあ図書館というよりは宇宙のインターネットって言った方がしっくりくるかもしれませんね。

iPhoneやパソコンから情報をクラウド上に保管することの宇宙版ですね。

私たち一人一人に用意された情報のデータバンクだけじゃなく、宇宙全体の全部を管理する領域も

どうやったらアクセスできるのって思いますよね。

皆もうすでにアクセスしているんです。

無意識に!

意識には簡単に顕在意識潜在意識があります。

その潜在意識は常にアカシックレコードと繋がって情報を受信しています。

画家や発明家、預言者などはここにアクセスして素晴らしいアイデアや情報を形にしているといいます。

近大神智学を創唱した、ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー夫人は古代アトランティス大陸の聖典であるとされるジャーンの書について記者にどこからこの文献もてきたのと訪ねられた際に『アーカーシャに記録にアクセスしました』と答えたことがアカシックレコードという概念が世界で初めて用いられた事例だとされているらしいです。

その後アカシックレコードの存在を世界に広く広げたとされるのが預言者であり、心霊診断家のエドガー・ケイシー

今のスピリチュアルや都市伝説業界に大きな影響を与えた方です。

ケイシーは人々からの相談や病気の診断をアカシックレコードにアクセスして答えを出していたと言われています。

他にも現代にはババ・ヴァンガという盲目の預言者がいます。

その方は最強の預言者と呼ばれていて、彼女が出す予言は国家機密にされているとか。

ほげ~~びっくりですよねw

彼女は9.11の出来ごとやオバマ大統領の就任を当てているそうです。

夢の中で予知夢として映像を見ていたと話しているそうです。

その領域こそが潜在意識からアクセスできるアカシックレコードなのではないかと言われているそうです。

もちろんハズレもあるんですけどね。

他にも預言者だけではなく、以前に他の記事で取り上げた。

天才発明家ニコラ・テスラもアカシックレコードにアクセスしてたと思われる人物です。

これは実際にニコラ・テスラの言葉です。

『知覚し得る全ての物質は、
原初の質料あるいは観念を超越しあらゆる空間に遍満(へんまん)する原質アーカーシャまたは光り輝くエーテルから生まれ出る、それは決して終わることのないサイクルの中で、

生命を与えるプラーナあるいは創造力からの働きを受けて存在者の中へと呼び出され、万物となりあらゆる現象として表出する』

少し難しいですけどテスラは、宇宙の何処かにあり、いきなり頭の中でホログラムのような3Dが浮かんできてアイデアが浮かんだと言っています。

ニコラ・テスラの記事はこちらです。

テスラの他にもアインシュタインも相対性理論がいきなり頭に浮かんで来たと

他にも過去の発明品を見てみると

とても不思議な現象があります。

全然、関わりのない発明家たちが同じ時期に同じ発明をしてることが過去に148件もあるんですよ。

例えば、ほぼ同時にラジオがテスラとマルコーニよって作られたり。

電話はイライシャ・グレイ とアレクサンダー・グラハム・ベルと言うふうに

お互いを全く知らない人物がこういった出来ごとが山ほどあるようです。

まるで人類が今まで手に入れた、これから手にする知識はもうすでにそこに存在していたかのように

まだ私たちがアクセス出来てないだけなのかもしれませんね。

 

アカシックレコードのアクセスについて

アカシックレコードにアクセスするのは一部の特殊能力者以外の一般人でも瞑想や夢を通じてアクセスができるといわれています。

ですが、アカシックレコードの内容は潜在意識レベルに応じたものしか理解することができないみたいです。

例えると難しい内容の数式を眺めたり数式自体を読むことができたとしてもその意味までは理解できないと言うことですね。

やはりこの世界すべての英知を理解するということは極めて難しいみたいです。

アクセス方法

一番使われる方法が瞑想です。

瞑想によるアクセスは様々あるといわれています。

  • 瞑想状態に入った状態で森をイメージして賢者に会いに行く方法
  • 真っ黒な鏡に飛び込み方法
  • イメージの世界で出会った人に質問をする方法

などがあるようです。

夢の中にはあらゆる悩みや疑問に対する答えやヒントが散らばっていてアカシックレコードと繋がってると言われてるみたいです。

夢からのメッセージを掴みたい場合は夢日記を付けるのがいいといわれてますね。

他には突然いいアイデアが閃いたり

第六感が働いたり

虫の知らせなどで危機を察知したり

そういったことも一説にはアカシックレコードからのメッセージだといわれているようです。

注意点ですけど、瞑想や夢によるアクセスは人によっては不快に感じたり

それにアクセス中はマインドコントロールがされやすい状態になるみたいですので注意が必要です。

アカシックレコードは科学的な根拠はないので実在するかは不明ですけど、本当に存在しているとしたら説明のつかない様々な過去の事象や体験を説明できてしまうかもしれませんね。

 

最後までご付き合いありがとうございます。

気にった方はお気に入りorブックマークして貰えると嬉しいです。

これからも沢山都市伝説を書いて行くのでまたよろしくお願いします。

 

更新する励みになるのでポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました