驚きの結末砂上の法廷ネタバレあらすじ映画紹介

映画
引用元:gaga.ne.jp

今回の映画は砂上の法廷を紹介します!

全てが覆る衝撃のラスト11分と宣伝されていた映画です。

ちょっと煽り過ぎな感じな映画ですよね。

他にもこんなおすすめ映画紹介してます。

初めに今回は砂上の法廷ネタバレありであらすじを話していくのでこれから見る人は注意です。

それではさっそく映画砂上の法廷を紹介します

 

砂上の法廷【あらすじネタバレ注意】

引用元:Wikipedia
ブーン・ラシータ役/ジェームズ・ベルーシ

大富豪の弁護士ブーン・ラシターが、自宅で殺害された。

引用元:Amazon.co.jp

犯人は親と同じ法律家を目指していた16歳の息子、マイク・ラシター

彼は頭脳明晰でその年で法律を熟知している神童だった。

凶器のナイフにはマイクの指紋がついていた。

さらに彼の自供もあり、有罪は確実でした。

引用元:Amazon.co.jp

マイクの弁護士はブーン一家をよく知っているリチャード・ラムゼイ

マイクが口を利いてくれれば弁護の余地があるのだが、マイクはずっと黙秘を続けていた。

不安そうに傍聴席に座っているマイクの母親ロレッタ

検察側の証人喚問が始まり、

最初の証人はチャーター機の客室乗務員

最後に親子を乗せたのはマイクの大学見学のため帰りのフライトでは親子は険悪だったと証言する。

打つ手がないラムゼイは過去にブーンが女を飛行機に乗せたかといった質問で、陪審員に悪い印象を持たせようとする。

次の証人はブーンの車の運転手

ここでもラムゼイはブーンの女を乗せたことがあるかと聞く。

休憩時間にラムゼイは弁護士パートナーであるジャネルに誰が嘘をついていたか聞いた。

引用元:Wikipedia
ジャネル役/ググ・バサ=ロー

彼女は鋭い洞察力の持ち主で客室乗務員、運転手ともに嘘を付いていたと見破る。

次の証人は通報を受け駆けつけた巡査

ブーンが刺されている傍にマイクが佇んでおり『僕がもっと早くこうすべきだった』と言っていたと証言します。

この日の審議は修了

どうにも分が悪い。

裁判2日目

ブーン一家の隣に住んでいる親子の親が証言する

『8か月ほど前のパーティで、ブーンがロレッタを人前で侮辱していた』と証言する。

体裁を取り繕うため私が仲裁に入ったと話すがその時に『やめろ』とブーンを止めたのはマイクであった。

その後マイクはブーンになにかおどかされているようであった。

次に証言席に座ったのは本件の捜査責任者である刑事

彼は『プロとしてマイクが犯人なのは明確だ』と言い切った。

次の証人は検視官

捜査責任者と検視官は陪審員が混乱しないよう口裏を合わせて小さな嘘を付いていた。

次の証人はブーン一家の隣に住む親子の息子が証人します。

彼はロレッタに淡い思いを寄せているのを隠してロレッタがいつも酷い扱いをされていたと証人する。

裁判2日目が修了します。

ジャネルは証言者全員が何かを隠している事に気づいていました。

次の日、ロレッタが証言席に座ります。

泣きながら当日の状況を語る様子を見つめるマイク。

ラムゼイはロレッタがいつもブーンに虐待されていたことを確認する。

陪審員に虐待されている母を救う息子という印象を植え付けます。

そのあとマイクが突然証言台に立つと言い出します。

何を証言するかわからず、異常に慌てるロレッタとラムゼイ。

そして証言席に座るマイク

今まで母ロレッタが虐待を受けていたと証言するマイク。

それだけではなく、実は自分も12歳の頃から性的虐待をされていたと話すのだった。

騒然とする陪審員たち

ジャネルはマイクが嘘をついていると見抜く。

ブーンを刺したのはロレッタでその罪を被ろうとしているのではないのかと

ラムゼイは言った『そうかもしれないが、どっちでもいい。とにかくマイクを無罪にすることだ』

 

判決の日

陪審員全員一致で無罪が確定した。

しかしそれはマイクの計算通りであった。

抱き合うラムゼイとロレッタ

するとラムゼイはマイクに呼び出された。

マイクが話します『あの現場に時計がおちていた。その時計が無くなり、今はラムゼイが持っている』と

あんたが殺したんだろ?

ロレッタはボロボロだったんだとラムゼイは語ります。

それ以上なにも言えず、マイクは母親の元に戻ります。

ロレッタと浮気していたラムゼイは当時の事を思い出す。

どうやらブーンが浮気に気づいたようだ。

2人はブーンの殺害計画を立てた。

ラムゼイがブーンを刺し、ロレッタが正当防衛で刺したというシナリオのはずだった。

ブーンを刺したナイフにロレッタの指紋を付けようとしていたところにちょうどマイクが帰ってきてしまったのだ。

そして母が刺したと勘違いしたマイクは罪を被るためナイフを握り自分の指紋を付けたのだ。

誰もいなくなった法廷でたたずむラムゼイ

 

監督:コート二ー・ハント
主演:キアヌ・リーブス、レニー・ゼルウィガー
製作:2016年アメリカ(94分)

おすすめ
3.0

60点

【まとめ】

映画砂上の法廷はいかがでしたか?

この映画は結構好き嫌いが別れる映画だと思います!

私的には普通でしたねw

キアヌ・リーブスが出ていたから見てみたって感じです!

砂上の法廷ネタバレを最後まで読んでいただきありがとうございます。

他にもこんな映画もレビューしてます。

他にもこのブログではアニメ・漫画・ゲーム・都市伝説などについても沢山書いているので気になった方はぜひ他のジャンルの記事も読んでくれると嬉しいです。

ぜひ貴方の知りたい情報の参考にしてください。

気に入って頂けたらお気に入りorブックマークしてくれたら嬉しいです。

また次の記事でお会いしましょう。

 

 

更新する励みになるのでポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました