インターネットの裏世界 ダークウェブ 関連 まとめ(2)

都市伝説

皆さんこんにちは。

今回はダークウェブの話【第二弾】です。

前回の『ダークウェブに潜む闇を解明(1)』読んでない方はぜひ下のリンクから読むのがおすすめです↓↓

前回話したダークウェブで紹介しきれなかった内容を話ていきます。

最初にいいます、人にもよりますがかなり気分が悪くなったりする内容などもあるので【閲覧注意】です。

 

まず、簡単にダークウェブについて話します。

ダークウェブとはGoogleやヤフーなどの検索しても引っかからないサイトの事です。

普通の人が立ち入る事のできないネットの裏世界みたいなものです。

莫大なデータが眠ってる場所の事を言います。

都市伝説的には、このダークウェブは日常的に違法な事がおこなわれていて、危ないコンテンツが沢山あると言われています。

そのダークウェブから流出したと噂されている動画があります。

それが【ブラックルームスープ】です。

ブラックルームスープ

部屋に男性が座って苦しそうにスープ食べています。

その様子を着ぐるみを来た2人が慰めているだけの動画なんですよ。

かなり不気味ですよね。

ただ一見このスープを食べているだけの動画が何故やばいかというと。

この男性は拉致されていて、男性が食べているスープには奥さんが入っていると噂が出回っているんですよ。

(やばすぎ、、)

その他にもこれは中国マフィアの拷問じゃないかとか、これは彼の人生の最期の食べ物とか、とりあえずこの動画の背景には怖い説があるんですけど。実際の所の真相は分かっていません。

ただ、わかっている情報は男を慰めている、着ている着ぐるみのキャラクターの名前はレイレイという名前でレイモンド・S・パーシーっていうアニメーターが作ったキャラです。

彼はシンプソンズやアナ雪などに携わった方でけっこう凄い人なんですよね。

レイレイはパーフォーマンス様に作ったキャラクターだったんですが、ある日にロサンゼルスのステージでパーフォーマンスをしていたんですけど、この着ぐるみが何個か消えて盗まれちゃったらしいんですよ。

でも予備がいくつかあったので問題なくその後もパーフォーマンスを続けることができたんですけど。

ある日レイモンド・パーシーの元にこの動画が届いたみたいです。それでブラックルームスープというタイトルで話題になっていた事がわかったそうです。

なのでこの着ぐるみを作ったレイモンド・パーシーさんも全く情報がないそうです。

【真相は?】

ただ1つ気になる事があってブラックルームスープの動画内でのレイレイの動きはレイモンド・パーシーがパーフォーマンスに教えていた動きにかなり似ているそうなんですよね。

ちょっと怪しいですよね。

偶然か、何かしらの関係があるのかは謎ですけどね。

一応この動画は作り物ではないかといわれてるみたいです。

まず動画内で奥さんの肉体が入っている証拠は全くないからです。

おそらく誰かが流した噂が尾ひれがついて流れてしまったのではないのでしょうか。

それにダークウェブでは確かに違法な事が行われていますが、こういった動画は別にダークウェブでなくってもいくらでもあるからです。

都市伝説として誰かが作りあげた可能性が高いみたいです。

ですので一応安心してください。

ちなみにYouTubeにあるダークウェブの怖い動画はほとんど作り物しかありません。

【ダークウェブで買える物】

1.人間の皮膚で作られた商品

ヒューマンレザーというサイトでは人間の皮膚で作った皮の商品が販売されているとのことです。

人間の革で出来た財布は150万円ほどで売られています。

靴は300万円ほどで販売されているそうです。
どこまで本当かは検証が難しいんですがウェブサイトにはこんな風にかかれています。

『私たちはこだわりを持っているお客様のために、美しい、高級な商品を扱っています。』

『すべての商品は、熟練した職人によって慎重に手作りされ  ており、私たちはこの世界に存在する最も貴重な革、人皮の扱いに関して、長年の経験を積んでいます。』

(やばくないですか?)

人皮の入手した経路はドナーが死ぬ前に遺言で譲るとしるし、その方の遺族が報酬を受け取る事ができるそうです。

ただ美しい肌の持ち主でないとドナーとして認められないそうです。

2.人間の臓器や体の部位

値段はこの様になります。

目玉両方で16万円前後

頭皮6.5万円前後

5.4万円ぐらい

心臓1280万円

肝臓1690万円

臓器や体の部位の入手方法は色々ありますが、ブラックマーケットのブローカーが葬儀屋を訪れて葬儀屋の社員と交渉して、報酬を渡す代わりに遺体から違法に入手して何事もなかったかのように体を縫い上げることができるといわれているそうです。

あくまでここの入手経路は噂ですが、まさに都市伝説ですね‪w

いまのは噂ですが実際に違法な手段で入手して臓器売買が行われているそうです。

 

カンニバルフォーラム

カンニバルカフェというサイトがあり、現在は閉鎖されていますが、ここでは人を食べたい人と人に食べられたい人がマッチングする為のフォーラムみたいです。

(は?頭おかしいんですか?)

そこでは食べられたい方が例えば
『私、160cmでシチューもしくはステーキで食べて欲しいです!』というなコメントをしてカンニバルの人が気にった人に『食べたいです!』って送って成立します。

他にも人肉の調理方法についてのアドバイスや人肉の販売などをしている人もいたとか。

実際に起きた有名な事件として、ドイツのコンピュータ技術者のアルミン・マイヴェスがこのサイトで出会った、自発的な被害者を殺して実際に食べたという事件があります。

なのでサイト自体は本当に存在してた事になります。

(恐ろしですよねー)

他にもダークウェブでは偽造パスポート、クレカ、薬物、手榴弾、毒、拳銃、ヒットマン色々あります。

普通のお店では買えない物が平気で買えます。

 

ミステリーボックス

最後に外国のYouTuberの間で話題になっているダークウェブミステリーボックスというのがあるんですが皆さんご存知ですか?

ダークウェブで販売されている中身が不明のミステリーボックス。

中身がわからないのでYouTuberがミステリーボックスを開封する動画流行っていました。

かなり胡散臭い物が沢山あります。

どこまで本当なのかは、検証が非常に難しいけど犯罪を匂わせる物がでてきたりもします。

例えば不明な白い粉、ナイフ、注射器、錠剤がでてきたりもします。

他にも血のような液体が付着した衣服、不気味な人形、不気味な写真、恐ろしい映像が入っているUSBがでてきたり。

最後にべビックボックスという悪魔が収められた箱などもあります。

どこまでが本当かはわかりませんが、ダークウェブで買った中身がわからないミステリーボックスを開封する動画が外国人に流行りましたが、YouTubeに投稿されたミステリーボックスの中身は多分ですが、ほぼ嘘のものだと思っています。

 

今回はこの辺にしときますかね。

またダークウェブ書きますね。

次はできたらダークウェブの更に下の階層マリアナウェブやダークウェブにあると噂されているアカシックレコードについても触れていきたいねー

警告として最後に言いますが、ダークウェブに興味本意でアクセスしようとしないでください。

貴方の命を私は保証できません。

知識なく入ればハッカーに攻撃されて事件に巻き込まれる可能性もありますし、ウイルスを入れられたり、あるいは…

なので絶対に軽はずみな行動でしないでください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

気にってくれたら是非お気に入り登録orブックマークなどして貰えたら幸いです。

また次の記事でお会いしましょー

もっと気になる方はこちらの記事もいかかですか

 

更新する励みになるのでポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. […] インターネットの裏世界 ダークウェブ 関連 まとめ(2)皆さんこんにちは… […]

  2. […] インターネットの裏世界 ダークウェブ 関連 まとめ(2)皆さんこんにちは… […]

タイトルとURLをコピーしました